■ 園田・小林特許業務法人

  園田・小林特許業務法人は、知的財産法と先端技術の専門家集団です。 日本、米国、中国の弁理士を含む80人のスタッフが国際的な先端企業の国内外の権利化、紛争解決のために高品質なリーガルサービスを提供しています。

 

 

 園田・小林特許業務法人 

 

電話番号: 03-5339-1093 
FAX番号:  03-5339-1094
 
住所:  
163-0434  
 
東京都新宿区 西新宿2-1-1 
新宿三井ビルディング34 
 
 
 
 
 

 ■ 知財の専門家集団を目指して

 園田・小林特許業務法人は、国境のボーダーレス化が急速に進展する産業界に最も頼りになるリーガルサービスを提供するこを目標に、園田吉隆弁理士と小林義教弁理士によって1998年3月に設立されました。以来、専門性と信頼度の高い本格派の知財サービスを提供する事務所をめざして研鑽を重ねております。

現在、当事務所には、この目標の下に集まった弁理士17人、博士の学位を有する技術者14人、中国弁理士、USパテントエージェントおよび16人の翻訳スタッフを含む、総勢約80人が所属しています。 当事務所は、8つの国籍、8つの母国語を有する所員からなる多国籍集団であり、人材・業務共に極めて国際的な専門家集団です。 依頼者との意思疎通を重視すること、事務所の内外に対するオープンな雰囲気は創業以来の当事務所の伝統です。知財法および技術の専門性をさらに深め、発明者・出願人の方との緊密な相互理解のもとに国内外での権利化・権利保護において、真に頼りになる特許事務所をめざしています。

依頼者にとって最も頼りになる特許事務所であるためには、最新の法律の運用を熟知しているのみならず、常に第一線の技術者であり続けることが必須と考え国内外に研修の場を求めています。さらに、必要に応じて所内人材の知恵を集約できる協調性と機動力を発揮することで、他所にない総合力を発揮します。


国際性は、設立当初から当事務所の本質と不可分な性質であったということができます。知的財産について海外での周到な保護を図るためには、当該国の法制度を単に知っているだけではなく、当該国でその法制度がどのように運用されているか、社会が権利をどのように考えているかについて把握していることが役に立 ちます。さらに、コミュニケーションに際して何を明示的に伝え、何を暗黙の了解とするか等、コミュニケーション方法の違いを認識しておくことが重要です。

 


 イベント

中国: IPBC (Intellectual Property Business Congress) "Maximising IP value in China", 北京市 2015年4月21 - 22

欧州:

-「IP & MONETIZATION 」 アントウェルペン、2015年4月24日

-「IP IN ASIA FORUM 2015: Growth and opportunities for European Companies」

ロンドン,  6月9日 (英語)
ミューニック,  6月11日 (英語)

♦リオデジャネイロ: AIPPI World Congress, 2015年10月10日-14日

 


ニュース

 ♦2015年3月:

 平成26年特許法改正により創設される特許異議の申立て制について  


弁理士、許技術者、翻訳者を募集しております。

詳細はこちら

 

米国:顧客訪問、2015年5月

欧州:顧客訪問、2015年3月

 

弊所は2015年1月1日に特許業務法人に改組し、 園田・小林特許業務法人となりました。
これを機に 所員一同 所業の発展を期すべく 決意も新たに一層精励いたして参る所存でございます。 
何卒 旧に倍してご支援ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
 

 
 
Google maps

Trouvez nous sur Google Maps