• 高度な技術的専門性と幅広い知財経験

  • 国際性とコミュニケーション能力

  • 権利の範囲と有効性を意識した出願・中間処理

  • 無効審判・訴訟における高い勝訴率

  • 多様なサービスの提供

ニュース&イベント

ウェビナー/ 実用新案制度-欧州及び日本における要件、手続き、及び戦術的利用の概観

日欧技術移転ヘルプデスク(The EU-Japan Technology Transfer Helpdesk)の協力により、Murgitroydミュンヘンオフィスと共同で開催したウェブセミナー第二弾の日本語翻訳版が完成いたしました。

「実用新案制度-欧州及び日本における要件、手続き、及び戦術的利用の概観」をテーマにMurgitroydミュンヘン事務所 Dr. Robert Borner と園田・小林特許業務法人より赤木 伸が以下のテーマに沿って解説いたします。

-      実用新案について概観及び特徴

-      実用新案の登録手続きについて

-      権利行使について

-      実用新案制度の戦術的利用

-      実用新案制度の戦術的利用によるコスト削減

どうぞ、こちらよりご覧ください。

※このウェブセミナーは、2018年6月29日に開催されました。

セミナー – 日本における知財環境の最新動向を探る

日欧技術移転ヘルプデスク、IAMメディアと弊所の三社共同により、10月28日にセミナ―を開催いたします。

セミナー当日のプログラム及びは、こちらよりご覧ください。

独日翻訳、中日翻訳のご案内

当事務所では、英日・日英の翻訳に加えて、独日、中日翻訳にも対応して業務を行っております。各言語とも経験豊富な人材が翻訳を担当いたします。

更新情報

Newsletter(2019年9月版)を発行いたしました。(言語:英語)

詳細はこちら

Newsletter(2019年7月版)を発行いたしました。(言語:英語)

詳細はこちら

記事・知財情報のその他の知財情報を更新しました

詳細はこちら。

令和元年5月17日公布「特許法等の一部を改正する法律案」について

記事・知財情報のその他の知財情報を更新しました

詳細はこちら。

「正当な理由」による期間徒過後の救済について

弁理士、特許技術者 (電気・機械)の採用情報を更新しました

詳細はこちら