セミナービデオ視聴のご案内-IOT、3Dプリンティングと知的財産-欧州と日本の比較分析

3月1日にMurgitroyd ミュンヘン事務所、日欧産業協力センター、園田小林特許業務法人の三者コラボレーションにより、「IOT,3Dプリンティングと知的財産-欧州と日本の比較分析」と題したセミナーを開催いたしました。当日は、多くの皆様にご出席頂きましたことを改めて御礼申し上げます。

当日の講演については、以下のリンクよりご覧いただけます。ぜひご視聴ください。

https://www.youtube.com/watch?v=NxA3JKnscJw

* 技術上の理由により、セミナー後半部分のみの公開です。

Webinar – Patents: opposition proceedings and nullity actions – a comparison between Europe and Japan

日欧技術移転ヘルプデスク(The EU-Japan Technology Transfer Helpdesk)の協力により、Murgitroyd ミュンヘン事務所と共同でのウェブセミナーを開催いたします。

ウェブセミナーへの参加申し込みは、日欧技術移転ヘルプデスクのウェブサイトよりお申込み頂けます。(対応言語:英語のみ)

 

お申込み及び詳細は、こちら

IoT、3Dプリンティングと知的財産-欧州と日本の比較分析

この度、欧州最大規模の特許事務所であるMurgitroydミュンヘン事務所、日欧産業協力センターと園田小林特許業務法人の三者のコラボレーションにより、東京にてセミナーを開催いたします。

「IoT,3Dプリンティングと知的財産-欧州と日本の比較分析」と題し、日本及びヨーロッパで実務に携わるメンバーが講演いたします。

詳細はこちら

2017 特許情報フェア&コンファレンスに出展しました。

2017年11月8日 (水)~10日 (金)に、科学技術館東京・北の丸公園において開催される、PATENT INFORMATION FAIR & CONFERENCEに、園田・小林知財グループ(SONODA & KOBAYASHI IP GROUP)として、ブースを出しました。大変多くの皆様に弊グループ・ブースを訪れていただき、大盛況のうちにブースを出展することができました。お忙しい中、弊グループ・ブースまで足を運んでいただきました皆様には深く御礼申し上げます。

詳細はこちら

Webinar/ Technology Transfer Webinar 15: Intellectual Property And The VR/AR

日欧技術移転ヘルプデスク(The EU-Japan Technology Transfer Helpdesk) の協力により、園田吉隆弁理士とニコール・ビグラーが「Intellectula Property and the VR/AR environments」というテーマで10月27日にウェブセミナーを開催しました。お忙しい中、大変多くの皆様に同ウェブセミナーをご聴講いただき、深く御礼申し上げます。同ウェブセミナーは、日欧技術移転ヘルプデスクのWEBSITEで、いつでも視聴可能です。見逃された方は、是非一度、ご視聴ください。

ご視聴はこちら

第八回中国専利年会(北京)

石岡利康弁理士、王彦慧中国弁理士・弁護士、ニコール・ビグラーが、北京で行われる第八回中国専利年会(以前はPIAC)に出展し、更に「日本における異議申立ての現状」についての講演も行う予定です。

園田吉隆弁理士とナタリー・クリックの執筆した論文がWorld Intellectual Propertyに掲載されました。

「Avoiding the Perils of Collaboration」
(共同研究に内在する危険とその回避)
詳細はこちら

MIP IP in Asia Forum 2017 (ワシントンDC及びカリフォルニア州パロアルト)

MIP IP Forumにスポンサーとして参加し、園田吉隆弁理士、ポール・トケシ米国弁護士及びニコール・ビグラーがパネルディスカッションを行いました。
詳細はこちら

IAM PATENT 1000に選ばれました。

園田吉隆弁理士が「IAM PATENT 1000」の「The world’s leading patent professionals」に選ばれました。
過去の受賞歴はこちら

International Advisory Experts AWARDS 2017に選ばれました。

当事務所が「International Advisory Experts AWARDS 2017」の「Intellectual Property firm of the Year in Japan」に選ばれました。

過去の受賞歴はこちら