異議申立

当事務所は、多くの無効審判事件・審決取消訴訟を扱っており、そのほとんどで依頼者に有利な審決を得ています。また、拒絶査定不服審判等においても、そのほとんどで特許審決を得ています。これらの経験を生かし、異議申立においても、高い確率で、依頼者の望む結果を得ることができると考えています。

なお、他の事務所が出願・権利化段階を担当した案件の受任も可能です。

無効審判

当事務所は、多くの無効審判事件・審決取消訴訟を扱っており、そのほとんどで依頼者に有利な審決を得ています。これらの経験を生かし、高い確率で、依頼者の望む審決を得ることができると考えています。

なお、他の事務所が出願・権利化段階を担当した案件の受任も可能です。

侵害訴訟

当事務所の弁理士は、侵害訴訟の代理・補佐だけでなく、様々な局面で依頼者のために第三者との交渉を行った経験も有しています。必ずしも訴訟という争いをベースとした解決だけでなく、費用の面を含め総合的に勘案し、依頼者にとって最も望ましい解決方法は何であるかについて信頼できるアドバイスを提供します。

特に、当事務所は、多くの海外企業を代理しており、海外企業の戦略も熟知していますので、海外企業と対峙する国内企業に対し、適切なアドバイスをすることが可能です。海外企業との交渉も、当事務所の得意とするところです。

過去の侵害訴訟では、例えば、ミネルバ法律事務所(例えば、喜田村洋一弁護士)、シティユーワ法律事務所(例えば、大場正成弁護士)、法律事務所フラッグ(例えば、高橋淳弁護士)などの優れた法律事務所と共同して代理させて頂いています。

なお、他の事務所が出願・権利化段階を担当した案件の受任も可能です。